ここから本文です

<日永うちわ>色とりどりの「涼」 三重・四日市

5/18(金) 12:45配信

毎日新聞

 一本の細い竹を裂いてほぼ円形にし、丸い柄が特徴の「日永(ひなが)うちわ」作りが、三重県四日市市のうちわ製造会社「稲藤(いなとう)」で最盛期を迎えている。

 日永地区では江戸時代、うちわが伊勢参りのみやげ物として人気だったという。ここ数年は持ち運びが便利なミニサイズや、香り玉入りの「香るうちわ」など種類が豊富に。稲藤ではお盆までに7000本が出荷される。【大西岳彦】

最終更新:5/18(金) 13:03
毎日新聞