ここから本文です

阪神・鳥谷、球団トップタイ2010試合出場 藤田氏に並ぶも「特に何も」

5/18(金) 9:00配信

デイリースポーツ

 「阪神3-6DeNA」(17日、甲子園球場)

 試合後、阪神・鳥谷は足早にクラブハウスに消えた。藤田平氏(デイリースポーツ評論家)に並ぶ、球団歴代トップタイの2010試合出場。前人未到の大記録も、勝利につながらないことが悔しい。「個人的なことは特に何も」。言葉少なに淡々と振り返った。

【写真】藤田平氏、鳥谷を語る

 出番は3点ビハインドの五回だった。2死一塁の場面で、秋山の代打として出場。2ボール1ストライクから4球目、真ん中のシンカーを狙い打ったが、打球は二塁手の正面を突くゴロとなった。

 8日の巨人戦に「1番・二塁」で出場して以降、7試合スタメンから遠ざかっている。それでも黙々と、変わらぬルーティンで準備を行う。18日の中日戦に出場すれば単独トップに立つ。球団史を塗り替える偉業。その記録が色あせることはない。

スポーツナビ 野球情報

あわせて読みたい