ここから本文です

ダチョウ・寺門ジモン 西城さんを悼む「おいしそうに焼き肉食べていた」

5/18(金) 18:55配信

東スポWeb

 お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」が18日、東京都内で行われた「防犯安全教室」に参加した。

 同イベントは警視庁とマクドナルドが共催したもので、屋久西小学校の1年生約100人が参加。リーダー・肥後克弘(55)は警察官、寺門ジモン(55)はマックの店員に扮して登場した。

 一方、上島竜兵(57)は黒いTシャツに帽子を着用し不審者に扮した。「先生の格好で出るって言われてたのに。直前で不審者だと知らされた」と不満顔。3人は児童たちと即興コントを披露した。

 イベントを終えた上島は「今の小学1年生はすごいね。しっかりしている。コントもぶっつけ本番だったのに、ちゃんと対応してくれた」と感心。しかし「ギャグはウケなかったね。特にクルリンパはウケなかった」としょんぼり。

 3人は、幼少期に遭遇した危険な体験も紹介。上島は「野良犬に手をかまれた。昔は今より野良犬が多くてね。頭をなでてやろうとしたら、ガブッとやられた」と告白。ジモンは「山で熊に遭遇したことがある」。沖縄出身の肥後は「夜道でハブに遭遇した。暗闇から急にはい出してきて、本当に驚いた」と沖縄ならではのエピソードを明かした。

 16日に亡くなった西城秀樹さんについてコメントを求められると、ジモンは「実は、亡くなる約1か月前に焼き肉店でお会いしました。あいさつしたら、すごく爽やかに返してくれたんです。おいしそうに焼き肉を食べていて、『元気になってよかった』と安心したんですけどね。いまだに信じられない。本当のスターでした」と悼んだ。

 肥後は「僕は世代的にも西城さんが大好きだった。番組で絡んだことはあまりなかったですけど、ずっと大ファンでした」。上島も「僕は昔、部屋に西城さんのポスターを貼っていた。そのぐらい好きでした。寂しいね」と語った。

最終更新:5/18(金) 18:55
東スポWeb