ここから本文です

テリー伊藤、号泣 西城さんの死に「辛い、辛いね…」

5/18(金) 9:40配信

デイリースポーツ

 タレントのテリー伊藤が18日、TBS系「ビビット」で、16日に急性心不全で亡くなった歌手の西城秀樹さんを思い、「辛い」と号泣した。

【写真】78年、日本歌謡大賞で熱唱する西城秀樹さん

 番組では冒頭から西城さんの訃報を伝え、西城さんのこれまでの足跡を伝えた。

 思い出の曲を聞かれたテリーは「『ブーツをぬいで朝食を』ってあるじゃないですか。これは恋人同士が朝を迎えるという、どっちかというと大人っぽい歌。前、秀樹さんと話したとき、実はこれ、ティファニーで朝食ををもじったんだって話してた」と最初は笑顔で西城さんとの思い出を語っていた。

 だが、数多い芸能人が追悼コメントを発表したVTRを見たあと、コメントを求められたテリーは「言葉にならない」と言った後、みるみる目に涙をため「辛い、辛いね…。本当にいいやつだったから…。辛いわ、参った」と言うと、メガネを外し、流れる涙を必死に拭った。

 そして「本当にまぶしい、デビューしたときと同じ純粋な気持ちでずっといてくれた」と西城さんの明るかった人柄を偲び「倒れてから家族の方がずっと見守っている。多分、秀樹さん、『もういいよ、みんな大変だから』ともしかしたら思っていたのかもしれない。彼はそういう気を使うやつなんです」と、涙ながらに訴えていた。