ここから本文です

マニア視点で街の魅力再発見 「板橋マニア」に注目集まる /東京

5/18(金) 17:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 「板橋マニア 板橋好きが案内する板橋まちガイド」の売れ行きが好調で、販売開始1カ月ほどで増刷が決まった。(板橋経済新聞)

 同著は板橋区監修で発行された冊子で、従来の観光ガイドブックとは一線を画した「マニアック」な内容。新聞やラジオといったメディアからも取材を受けるなど注目を集めている。

 板橋の歴史に始まり、地形、団地、グルメなど多様な角度から徹底的に掘り下げられており、執筆陣もそれぞれのジャンルを極める専門家、いわゆる「マニア」たちが担当している。

 4月の発売時には、ほとんど書店店頭に並ぶことのないまま、初版が完売してしまった。

 同著の監修を担当した板橋区くらしと観光課の戸田氏は「想定以上の反響があり、『どこに行けば購入できるのか』『取り上げられているスポットに行きたいので、正確な場所を教えてほしい』など多くの問い合わせが来ている」と、反響の大きさに驚いている様子。

 5月に入り増刷が完了し、やっと区内書店などにも再び置かれるようになってきた。区内書店員も、「問い合わせが多く、追加で30冊ほど入荷する予定。お客さまからの注目度も高い」と話す。

 「この本を片手に街を散策し、板橋の新たな魅力と出合い、より板橋を好きになってもらえたら。区外の人には板橋を知ってもらい、区内の人には自分の街により愛着を持ってもらえればうれしい」(戸田氏)。

 板橋区の広報番組「魅力発信! いたばしナビ」でも、同著で紹介している暗渠について担当著者と一緒に巡る内容を放送し、本のPRを展開している。6~7月と10~12月には、区役所1階のイベントスペースで同著をテーマにした展示会を開催、「板橋マニア」の楽しみ方を提案する予定となっている。

 都内主要書店やオンライン書店で販売中。縦型A5判、263頁、1,800円(税別)。

みんなの経済新聞ネットワーク