ここから本文です

自由が丘の日本製雑貨セレクト店で「小さなバッグ」展 持ち物のミニ化に注目 /東京

5/18(金) 17:40配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 日本製雑貨とアパレルのセレクトショップ「katakana(カタカナ)自由が丘店」(世田谷区奥沢5、TEL 03-5731-0919)で現在、「小さなバッグ展」が開かれている。(自由が丘経済新聞)

国産バッグブランドのミニバッグを集めた「小さなバッグ展」店内の様子

 国産でバッグを手掛けるブランドやデザイナーを取り扱う同店が、今注目する「小さなバッグ」をセレクトした同展。きっかけは今年3月、同店が企画した「小さなお財布展」で、利用客の反応や持ち物の変化に気付いたことだったという。

 店主の河野純一さんは「当店は長年『長財布』をメインで取り扱ってきたが、その時は女性客から『使っている長財布がバッグに入らないので小さい財布を探している』との声がよく聞かれた。さらに自由が丘は女性客が多いが、この時は20代~30代のいわゆる『おしゃれ系』男性客も多く来店し、予想を上回る売り上げだった」と振り返る。

 河野さんがそれらの利用客を注意して見てみると、サコッシュなど「小さなバッグ」で持ち物も少ない身軽なスタイルだったことから今回の企画を思いついたという。「長財布が入りにくい程度のサイズ」を基準に、さまざまなデザインや素材を使った小さなバッグをセレクトした。

 取り扱うのは「irose」「StitchandSew」「Southern Field Industries」「SUOLO」「don’t try(sugaya design lab)」「革工房 hibi」「VALLEY SHELL」「short finger」「sonor」「made in west」の計10ブランド。

 大阪発のバッグブランド「StitchandSew(ステッチアンドソー)」が手掛けるのは、イタリア製ナッパレザーを使ったスクエアタイプのミニバッグ。シンプルかつ斬新なデザインで、小さいながらも使いやすさが特徴となっている。Sサイズ=2万6,000円、横長タイプ=2万8,000円、Mサイズ=3万円。

 島根を拠点に活動する革・帆布作家の伊藤大介さんの「革工房 hibi」からは、レザーと帆布による巾着タイプのミニバッグ。帆布を使うことで軽量化され、財布やスマホなどの小物を入れやすいフォルムに仕上がっている。S=6,000円、M=8,000円。

 「何でも入れられる大きなバッグと比べると、小さなバッグは機能をそぎ落とした形なので持つ人の好みが出てくる。大小バッグ2つ持ちを楽しんでみるのもおすすめ」とも。

 営業時間は11時~20時。5月25日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク