ここから本文です

<インドネシア>過激派組織指導者に死刑求刑

5/18(金) 19:06配信

毎日新聞

 【ジャカルタ武内彩】ジャカルタ中心部で2016年に30人以上が死傷した自爆テロの実行を指示したとして反テロ法違反罪に問われた、イスラム過激派組織の指導者、アマン・アブドゥルラマン被告に対する論告求刑公判が18日、ジャカルタの裁判所で開かれ、検察側は死刑を求刑した。イスラム過激派は反発を強めそうだ。

 アブドゥルラマン被告は、過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う「ジャマー・アンシャルット・ダウラ」(JAD)の精神的指導者。国家警察は、インドネシアで13日以降に続いた自爆テロや警察本部襲撃は、アブドゥルラマン被告の逮捕に対する報復と見ている。判決は6月に言い渡される見通し。

最終更新:5/18(金) 19:06
毎日新聞