ここから本文です

杉真理 40周年と大滝詠一さん、須藤薫さんを語る(前)

5/18(金) 12:13配信

デイリースポーツ

 昨年、デビュー40周年を迎えたシンガー・ソングライターの杉真理(64)が、今月12日から18日まで、モーメント・ストリング・カルテット(中村響子、谷口いづみ、飯田香、郷田祐美子)とツアー「杉真理デビュー40周年&Moment String Quartet結成10周年記念!杉真理 with Moment String Quartet 2018 Spring」を行っている。

【写真】須藤薫さんを送る会のもよう

 14日の神戸チキンジョージ公演は一夜限りの「大滝詠一&須藤薫トリビュートスペシャル!」として、杉の音楽人生を語る上で欠かせない今は亡き2人のアーティスト、大滝詠一さんと須藤薫さんの楽曲にほぼ絞って行われた。終演後の杉に、40周年と大滝さん、須藤さんについて話を聞いた、その前編をお送りする。

  ◇  ◇

 杉は1977年、マリ&レッド・ストライプスとしてデビューしており、昨年デビュー40周年を迎えた。

 「気がついたら40年たってたって感じで。音楽に対しての新鮮さは一度も失ったことがないですね。わりと若い人とやると、お、そうなんだ、そういうふうに見られてんだって感じですね。僕が30ちょいくらいの時に、40越えてるミュージシャンがいて、わ、40越えてもまだ音楽できるんだって思ってましたけど、気がついたら僕64ですし、全然まだ達してないなと思ってます」

 杉の世代では、日本のロック、ポップスの世界において自作自演のキャリアを重ねていく上で、お手本になる存在はまだまだ少なかった。

 「言ってみればポール・マッカートニーぐらいなもんですよ。一時よく、ポールがやってるトシまではやろう!って自分に言い聞かせてましたけどねえ。僕、ポールより一回り下なんですけど、ポールが頑張ってるトシまでやろう!って今でも思ってます」

 この日のMCでは、これまで作った曲数を約600曲と語った。そのうち半分が、他のアーティストへの提供曲だという。

 「本当に信じられない。やり出した頃は20曲か30曲作れればいいなと思ってたんですけど、気がついたらこんなになってて。持続してものをやるのは苦手なんですけど。ダイエットとかウオーキングでも運動でも続かないんですけど、音楽だけは続いてますね。コンスタントに」

 -その理由は。

 「音楽は最高に楽しいからです。最高のオモチャですよ。好きでなきゃやってられませんよね。ミュージシャンって必ず、自分の望むものと時代のもの、スタッフが望むもの周りの望むもので板挟みになるじゃないですか。僕の場合は、デビューしてすぐトライアングル(82年発表の大滝さん、杉、佐野元春による名盤『ナイアガラ・トライアングルVol.2』)で、大滝さんから好きなものをやるのが一番いいということを言葉でなく教わったんで、好きなこと以外やらないというふうにもう決めたんで。早い内から居直ったというか。それが良かったと思います」

   (後編に続く)