ここから本文です

国会図書館のデジタルコレクション約34万点がIIIFに対応、他機関のデジタル画像との比較も容易に

5/18(金) 12:40配信

Impress Watch

 国立国会図書館が所蔵する古典籍資料や図書をデジタル化したコレクションのうち、著作権保護期間満了によりインターネット上で公開している約34万点が、画像共有のフレームワーク「IIIF(International Image Interoperability Framework)」に対応したことが発表された。

【この記事に関する別の画像を見る】

 これにより、IIIF対応ビューアーを用いて、国立国会図書館デジタルコレクションの画像と他機関のデジタルアーカイブの画像を並べて見たり、コメントやタグ、アノテーションなどを付けて共有することができるようになる。

 国立国会図書館デジタルコレクションの検索結果一覧画面では、IIIF対応資料にIIIFのアイコンが表示される。また、コンテンツ表示画面では、アイコンのほか、IIIF対応ビューアーにドラッグ&ドロップすることで利用できるマニフェストURIが表示される。

 IIIFに対応したオープンソースのビューアーは、スタンフォード大学、ハーバード大学の研究者などにより開発された「Mirador」、英国ウェルカムライブラリーや英国図書館により開発された「Universal Viewer」などがある。

INTERNET Watch,磯谷 智仁

最終更新:5/18(金) 12:40
Impress Watch