ここから本文です

田口、京口ら異常なし=ボクシングのダブル世界戦

5/18(金) 16:29配信

時事通信

 ボクシングのダブル世界戦(20日、東京・大田区総合体育館)に臨む世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級統一王者の田口良一、IBFミニマム級チャンピオンの京口紘人(ともにワタナベ)ら4選手が18日、東京都内で予備検診を受け、全員が異常なしと診断された。

 日本選手初の統一王座防衛を目指す田口はヘッキー・ブドラー(南アフリカ)に身長で8センチ、リーチは3.5センチ上回ったが、「そこで勝負するわけではない」と気に留める様子はなかった。

 ビンス・パラス(フィリピン)の挑戦を受ける京口は「相手は自分より若い選手だが、自分がチャンピオンだという試合をしたい」と意気込んだ。 

最終更新:5/18(金) 16:36
時事通信