ここから本文です

栃ノ心、大関昇進近づく無傷5連勝「いい相撲」とご満悦

5/18(金) 6:09配信

スポーツ報知

◆大相撲 夏場所5日目 ○栃ノ心(寄り切り)魁聖●(17日・両国国技館)

 初の2場所連続休場明けの横綱・白鵬(33)=宮城野=が無傷の5連勝を飾った。しかし本場所総見した横綱審議委員会(横審)から、立ち合いの張り差しに苦言を呈された。また1958年の年6場所制以降ではワーストの7場所連続休場中の横綱・稀勢の里(田子ノ浦)の進退問題には場所後の横審の定例会合で議論する動きが出てきた。白鵬と、大関取りの関脇・栃ノ心(春日野)、前頭4枚目・正代(時津風)が無敗を守った。

 栃ノ心は低い立ち合いから204キロの魁聖を寄り切った。大関昇進にまた一歩近づく無傷の5連勝に「相手が大きいから下に入った。いい相撲」とご満悦。暑さが厳しくなるなか、170キロ前後の体重維持と体調管理のため夜食にも細心の注意を払った。16日夜は豆と野菜中心のジョージア料理に、締めは丼飯に納豆5パックを乗せて平らげた。「(5連勝は)大きい。またしっかり食べる」と万全の状態で中盤戦に臨む。

最終更新:5/18(金) 7:42
スポーツ報知

あわせて読みたい