ここから本文です

【西野監督会見1】選考は「想像力も働かせながら」2人が体調で選べず

5/18(金) 14:53配信

デイリースポーツ

 5月30日のキリンチャレンジ杯・ガーナ戦に臨むサッカー日本代表メンバー27人が18日、発表され、西野朗監督が都内で会見を開いた。14日に国際サッカー連盟(FIFA)に提出した35人の予備登録メンバーから、現時点ですでにコンディションの問題で2人が選べなくなっていることを踏まえ、「W杯の大舞台で最高のコンディションになるであろう選手たちを予測し、招集して、どういうチームができるのか想像力も働かせながらの選考になる」と語った。以下、会見の要旨【その1】。

 (冒頭に挨拶)「皆さんこんにちは。14日に、FIFAにラージリスト35名を伝えました。そして今日、月末にありますキリンチャレンジ(杯)ガーナ戦に向けたメンバー、お手元にリストは届いていると思いますが、27名を発表させてもらいました。当初35名でラージ(リスト)を出した14日から、残念ながら2名(別記事で記載、今野泰幸と小林悠)、選考できない状況に、コンディションによるものですけど(なった)。33人の中から今日27人を発表させていただきました」

 (続けて)「選考に関しては、海外がシーズン終盤で、国内のシーズンとは違うということで、W杯があり非常にタイトな中でスケジュールでこなしていかないといけない。国内外いろいろと厳しい中、リストを考えても刻々と選手の状況・状態は変わっている。その中でガーナ戦のリストも日々変えざるを得ない状況だった」

 (続けて)「非常に現在調子の良い、高いパフォーマンスを出している選手たち。今まで実績、経験値のある選手たち。そしてこれから将来に向けてポテンシャルの高い、可能性のある選手たち。色んな、選考に関して見るべき分析すべき要素がたくさんありますけど、とにかく1カ月後に迫っているW杯に向け、決して選手たちトップコンディションというわけではありません。ケガを抱えている選手もいます。ただ、間違いなく6月のW杯の大舞台で最高のコンディションになるであろう選手たちを予測し、招集して、どういうチームができるのか想像力も働かせながらの選考になる」

 (続けて)「残念ながら対象から外れている選手、正直、本日、メンバーに入ってもらいたかった選手も、今日、外さざるを得ない状況になった選手もいる。そういう中での27人になる。ただ、これはあくまでキリンチャレンジカップ・ガーナ戦に向けてのメンバーであり、21日からキャンプをスタートさせますが、国内外のスケジュールで21日から全体がそろってスタートできるわけではない」

 (続けて)「選手たちは1日1日ずれながら25日から全員がそろうと予測は立てていますけど、その予測も正確なものではないです。週末に国内外の最後の試合がありますし。追加招集ということも、キャンプ中に考えられることなので。ラージリストの中での今回の27人が、最終的な6月4日に提出選手だけというメンバーではないです。ただ、この27人がいい状態で21日から入ってくれることを願います。今回のメンバーをチャレンジ杯ガーナ戦のメンバーとして発表させていただきます。ありがとうございました」

 【質疑応答】

 -この27人から23人を選ぶわけではないのか。

 「もちろん、基本的にはこの27名の中から、という考えは持っています。ただ、30日にガーナ戦がありますから、あくまでもそれ以前にキャンプの中の状況で、追加招集を受ける選手も、バックアップの選手たちにはそういう準備をしていてほしい。ゲームが終わった状況によりますけど、そこのタイミングで入ってくる選手も考えられるので。もちろん、ガーナ戦がロシアの大会の第一歩であることは間違いない。そのテストに対しての27名ですから。基本的にはこの27人の中から、という考えはある」

Yahoo!ニュースからのお知らせ