ここから本文です

海人は切り裂き魔、宍戸大樹は元修斗王者を迎撃 SB6・10後楽園大会

5/18(金) 16:29配信

デイリースポーツ

 シュートボクシング(SB)の「SHOOT BOXING 2018 act.3」(6月10日・後楽園ホール)のカードが18日、発表され、SB日本スーパーライト級王者の海人(TEAM F.O.D)がMAX MUAYTHAI同級王者の“切り裂き魔”ジャオウェハー・シーリーラックジム(タイ)を迎え撃つことが決定した。

 また、元SB東洋太平洋ウエルター級王者・宍戸大樹(シーザージム)は元修斗環太平洋ライト級王者(現修斗世界バンタム級9位)の土屋大喜(roots)と激突することが決まった。

 海人と対戦するジャオウェハーは2016年4月、宍戸の引退試合の相手を務め、3回に強烈な肘打ちでKO勝ち。昨年4月にはKNOCK OUTでWBCムエタイ日本ウエルター級王者の健太を肘で切り裂き、3回TKOに葬っているムエタイの強豪だ。

 海人も昨年11月のSB日本Sライト級王座決定トーナメントにで元DEEP☆KICK65kg級王者の憂也と健太を連覇してベルトを巻き、今年2月にはSB世界同級王者の鈴木博昭を3度破っているタイのタップロン・ハーデスワークアウトを4回KO。4月にはRISEライト級王者・不可思を肘で切り裂き、4回TKO勝ちを収めるなど、6連勝中と勢いに乗っている。

 共に肘を得意とするだけに、注目の“切り裂き対決”だ。

 宍戸と対戦する土屋は師匠・佐藤ルミナ譲りのアグレッシブなファイトスタイルで、「打・ 投・極の修斗を見せたい」と15年8月にSB初参戦。海人と延長にもつれ込む激闘を繰り広げた。宍戸は16年4月に引退したが、今年4月に復帰して香港の馮本汝に判定勝ち。土屋戦は復帰第2戦となる。