ここから本文です

矢後 若隆景との学生出身同期対決を制し6連勝 十両で単独トップ

5/18(金) 16:24配信

スポニチアネックス

 ◇大相撲夏場所6日目(2018年5月18日 両国国技館)

 十両の矢後(23=尾車部屋)が若隆景との学生出身同期対決を制し、負けなしの6連勝。5日目まで無敗だった貴ノ岩と阿武咲がともに敗れたため、十両で単独トップに立った。

 左を差して右上手をとり、体を生かして寄り切り。「よく見えていました」と納得の表情だった。全勝キープには「少しずつプレッシャーを感じてきました」と、硬い顔つきで答えた。

 十両は通算4場所目。「十両で初めての勝ち越しを目指します」と、ひとまず優勝の2文字を封印して土俵に上がる。