ここから本文です

阪神がダルビッシュを指名できなかった理由…ドラフトに絡む人間関係

5/18(金) 20:00配信

デイリースポーツ

 現在メジャーで活躍しているダルビッシュ有は、甲子園で優勝こそできなかったが、甘いマスクで女性を中心にファンを湧かせたスターだった。長身から150キロの剛速球を投げ、変化球を変幻自在に操る投球術は高校生離れしていた。現在AbemaTV東京六大学野球中継の解説を担当している元阪神の菊地敏幸スカウトもその能力にはほれ込んでいたが、獲得したくてもできない状況に悩んだ苦い思い出があった。

  ◇  ◇

 当時の東北高校には、現在ヤクルトで活躍している高井雄平が在籍していたこともあり、練習を見る機会がよくありました。雄平が3年の時に入学したのが、ダルビッシュです。全羽曳野ボーイズ在籍時に全国大会で好成績を残し、世界大会でも結果を残したことで何十校も誘いが来たそうですが、その中で選んだのが東北高校。楽しみにしてグラウンドに行ったのですが、私のダルビッシュに対する印象は最悪でした。

 身長がグングン伸びたこともあり、成長痛に苦しんだのは有名です。ただそのことを差し引いても、練習している姿にはとても好感が持てませんでした。全力疾走はしないし、練習態度がいい加減。あれは1年の時だったと思います。東北高校で行われたオープン戦でダルビッシュがレフトを守っていたのですが、攻守交代後に一塁ベンチ前で監督を中心に円陣を組んでいるのには、ダルビッシュはまだレフトから戻ってこない。そのうち円陣が解けた後、ダルビッシュがベンチに戻ったのを見た時には、思わず苦笑いをしてしまいました。

 ところがマウンドに立つとすごい。7割くらいの力で投げている感じなのに、相手を抑えてしまう。とにかく能力が他の高校生比べて抜き出ていました。当然、東日本統括スカウトの私と、担当スカウトの評価はもちろん高かったです。球団に提出するレポートにも備考欄に故障が多いと付け加えましたが、能力は高いと書いたのを覚えています。

 出身は大阪で、将来のスター候補になれる逸材。これは絶対阪神は獲らなければならないと、普通は思いますよね。しかし、指名できない理由がありました。実は当時の東北高校の若生監督と、阪神のある編成幹部が大学の先輩後輩だったのですが、関係がよくありませんでした。その私情が絡み、どんなに「ダルビッシュはすごい」とこちらがアピールしても会議では受け入れられず、1位で獲得とはなりませんでした。

 個人的にはダルビッシュは高校時代の松坂大輔よりも、評価は全然上でした。プロに入れば一生懸命練習もするはずだし、トレーニングを積めばすごい投手になると思っていたのですが。当時はダルビッシュ以外の選手でも人間関係の問題で指名できないことがありました。しかし今の阪神は現場とフロント陣の風通しもよく、オープンな話し合いができているようです。ダルビッシュが阪神に来ていたら…。今となっては苦い思い出です。

 ◆菊地敏幸(きくち・としゆき)1950年生まれ。法政二から芝浦工大を経てリッカー。ポジションは捕手。89年にスカウトして阪神入団。藪、井川、鳥谷らを担当。13年限りで退団した。今年から「AmebaTV」で東京六大学野球リーグの解説を担当。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/18(月) 19:15