ここから本文です

cero荒内佑、ジャーナリストの原雅明と本屋B&Bにてトークセッション開催

5/18(金) 14:36配信

BARKS

新作をリリースしたばかりのcero荒内佑が、 『Jazz Thing ジャズという何か』を刊行した原雅明と下北沢の本屋B&Bにてトークセッションを行うことが決定した。

話題の新譜『POLY LIFE MULTI SOUL』でポリリズム、クロスリズムへの果敢なアプローチをみせたcero。 そのサウンドの要を握る荒内 佑が影響を受けた音楽の一つが、 80年代のオーネット・コールマンやスティーヴ・コールマンのフリー・ファンク。
原雅明の新刊『Jazz Thing ジャズという何か』でもその重要性が指摘された音楽でもある。

この日は「新しい音楽はどこから生まれるのか?──ミュージシャンとジャーナリストが語る実践的覚書」と題して、 これまで取材という場で話をしてきた二人が、共に関心を寄せる「ジャズという何か」「サウンド」について語る。 二人が注目する楽曲などを流しながら、これからの音楽の可能性を探る、 音楽ファン必聴のスペシャルなトークセッションと言えそうだ。

「新しい音楽はどこから生まれるのか?──ミュージシャンとジャーナリストが語る実践的覚書」
6月22日(金)
20:00~22:00(19:30開場)
場所:本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F
入場料:
■前売1,500yen +(1drink order 当日現金払い)
■当日店頭2,000yen + 1drink order

最終更新:5/18(金) 14:36
BARKS