ここから本文です

デッドプール、ベッカムに2年越しの謝罪 特別映像公開

5/18(金) 17:00配信

オリコン

 マーベル史上最も過激な異色ヒーロー映画『デッドプール』の続編『デッドプール2』(6月1日公開)の特別映像が17日、解禁された。ライアン・レイノルズ演じるデッドプールが、前作で元サッカー選手デヴィッド・ベッカム氏を“変な声”といじったことを反省し、2年越しに謝罪しようとする姿が収められている。

【動画】ベッカム氏に謝罪するデッドプール

 続編では、強敵・ケーブルから少年を守るために立ち上がり、チーム・Xフォースを結成。ド派手なバトルを展開する。

 到着した映像は、ベッカム氏が「ベッカムの声、変だよな? ヘリウム吸ってるのかな」といじられた問題のシーンを繰り返し観ている姿から始まる。デッドプールから「悪かった。ごめんね」とメールが入るが、相当ご立腹な様子で既読スルー。どうしても許してほしいデッドプールは、“ベッキンガム宮殿”とみられる自宅にクッキーとミルク持参で謝罪に訪れるが、無言で門前払いをくらってしまう。

 その後も、諦めずにヘリウムガスを吸って自身も変声になって「また来ちゃった」とおどけて許しを請おうとしたり、マリアッチを従えて「愛する人、許しておくれ~♪」とメキシコ音楽にのせて謝るも、機嫌は直りそうもない。

 しかし、6月14日に開幕する『FIFA ワールドカップ』でのイタリアvsオランダ戦という幻のチケットをプレゼントすると、2年間憎しみを抱き続けたベッカム氏も笑顔に。仲直りの抱擁を交わしたかと思えば、ベッカム氏は「君が謝るべきは『グリーン・ランタン』、『ゴースト・エージェント/R.I.P.D』、『セルフレス/覚醒した記憶』、『ブレイド3』、『ザ・ブレイン』」と次々にレイノルズ出演作をいじって反撃していく。

 先日は、世界的歌姫セリーヌ・ディオンとのコラボが話題になったデッドプール。レイノルズの来日が決定しており、次は何を仕掛けてくるのか。

最終更新:5/20(日) 7:25
オリコン