ここから本文です

廃炉人材の育成考える 東大でセミナー

5/18(金) 9:55配信

福島民報

 東京大、東京工業大、東北大主催の「次世代廃炉人材育成セミナー」は17日、東京大で開かれ、東京電力福島第一原発の廃炉を担う人材育成の在り方などについてパネル討論した。 
 原子力損害賠償・廃炉等支援機構の山名元理事長、県環境創造センターの角山茂章所長、日本原子力研究開発機構の野田耕一理事らが意見を交わした。東電福島第一廃炉推進カンパニーの小野明・最高責任者は、より詳細な廃炉工程表の策定が今後、不可欠になると説明。「いつ、どのような人材が必要になるかをひもとき、人材を育てる必要がある」と語った。 
 各大学の廃炉人材育成プログラムに参加した学生らによる発表なども繰り広げられた。 

福島民報社

最終更新:5/18(金) 11:09
福島民報