ここから本文です

選手ら来季へ向け抱負 ボンズ、郡山でシーズン報告会

5/18(金) 9:58配信

福島民報

 国内男子プロバスケットボールBリーグ2部福島ファイヤーボンズの2017-18シーズン報告会は17日、福島県郡山市のホテルハマツで開かれた。 
 株主やスポンサーなどから約80人が出席した。ボンズを運営する福島スポーツエンタテインメントの宮田英治社長が「1部昇格は果たせなかったが、皆さまの支援のおかげで最高勝率や最多観客動員数を更新できた」とシーズンを振り返った。森山知広ヘッドコーチや選手が一人ずつ来季の抱負や日頃の支援への感謝を述べた。 
 ボンズのスポンサーを務めている福島民報社の佐藤研一取締役郡山本社代表の発声で乾杯した。出席者は立食形式で食事を楽しみながら各テーブルで選手らと懇談した。 
 18日はブースター(ファン)感謝祭が催される。 

福島民報社

最終更新:5/18(金) 10:44
福島民報