ここから本文です

新潟市の事件を受け通学路の防犯点検

5/18(金) 19:10配信

NBC長崎放送

NBC長崎放送

 新潟市で下校途中の女子児童が殺害された事件を受け、18日佐世保市で警察や自治会などが通学路に危険な場所がないかを点検した。

 18日は、警察官や自治会などからおよそ30人が参加し、小佐世保小学校の通学路を点検した。これは今月、新潟市で小学2年生の女子児童が下校途中に殺害された事件を受け、佐世保警察署が急きょ実施した。「小学一年生が歩いて帰りよるときに車の中から手招きされながらちょっとこっちおいでと言われるという男性からの声掛けがあった」。18日は、以前、不審者の目撃情報があった場所のほか死角になりやすかったり、薄暗い場所など危険なポイントを点検した。
 「大通りからちょっとはいった所の狭い道などを気を付けて見てもらいたい子どもを犯罪から守るために(地域と)協力してやっていきたい」(佐世保警察署・川口尚登生活安全課長)
 佐世保警察署管内では去年、声掛け事案が32件起こっており、今後も地域と連携しながら犯罪を防止したいとしている。

NBC長崎放送

最終更新:5/18(金) 19:10
NBC長崎放送

あわせて読みたい