ここから本文です

市役所が職員7人に扶養手当433万円を不適正支給 対象でなくなるも支給続ける 愛知・西尾市

5/18(金) 19:10配信

東海テレビ

東海テレビ

 愛知県西尾市は扶養手当を受け取る資格のない市の職員7人に、合わせておよそ433万円を不適正に支給していたと発表しました。

 西尾市によりますと今年3月、扶養手当を受け取るすべての職員を対象に改めて書類などの提出を求めたところ、7人の職員が配偶者の所得が増えるなどし、すでに手当の対象でなくなっていたことがわかりました。

 いずれも故意ではなく届け出を忘れていたということで、不適正に支払われた手当合わせておよそ433万円はすでに返還されました。

 西尾市はこのうち手当を受けとった期間が、6年10か月と長かった上下水道部の男性職員(49)を18日付で戒告処分としました。

 西尾市は今後、毎年手当を受ける資格を確認し、再発防止に努めるとしています。

東海テレビ

最終更新:5/18(金) 19:13
東海テレビ