ここから本文です

エーザイが大幅高で高値更新! 日経平均株価は3日ぶり反発

5/18(金) 7:20配信

投信1

株式市場の振り返り-日経平均株価は3日ぶり反発、一時+170円近い上昇

2018年5月17日(木)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 22,838円(+121円、+0.5%) 3日ぶり反発
 ・TOPIX 1,808.3(+8.0、+0.5%) 3日ぶり反発
 ・東証マザーズ総合指数 1,152.3(+25.3、+2.3%) 3日ぶり大幅反発
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:1,146、値下がり銘柄数:840、変わらず:97
 ・値上がり業種数:26、値下がり業種数:7
 ・年初来高値更新銘柄数:108、年初来安値更新銘柄数:36
東証1部の出来高は14億7,347万株、売買代金は2兆3,870億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。引き続き特段目立ったニュースがない中、各社の決算発表もピークを過ぎたことで材料不足が目立つ展開となりました。

投資家のリスクオンモードにも若干陰りが見られ、売買代金は2兆円を超えたものの、5月7日以来の低水準となりました。

そのような中、日経平均株価は終日プラス圏で推移しました。ただ、後場の終盤には一時+169円高となる場面がありましたが、最後はやや失速して引けています。それでも、再び23,000円台回復を狙える位置に戻ったと言えましょう。

なお、TOPIXも同じような値動きで引けています。

東証マザーズ総合指数は3日ぶり反発、売買代金は3日連続で1,000億円超に

東証マザーズの出来高は5,533万株、売買代金は1,066億円となり、いずれも前日より減少しました。商いは減ったものの、個人投資家の物色意欲の回復は感じられ、売買代金も3日連続で1,000億円を上回っています。

やはり、先日発表されたメルカリ <4385> の上場承認決定が明るい材料となった可能性もあります。なお、メルカリの上場予定日は6月19日です。

また、総合指数は+2%を超える大幅上昇となり、3日ぶりの反発となりました。まだ安心はできませんが、当面の1,100ポイント割れは脱した印象です。

1/2ページ

最終更新:5/18(金) 7:20
投信1

チャート

メルカリ4385
4410円、前日比-50円 - 7/13(金) 15:00

チャート

エーザイ4523
10870円、前日比+110円 - 7/13(金) 15:00

チャート

テルモ4543
6340円、前日比+50円 - 7/13(金) 15:00