ここから本文です

十勝地方はこの時期が菜の花シーズン 音更町のナタネ畑

5/18(金) 14:00配信

十勝毎日新聞 電子版

 十勝管内の春を彩る菜の花が見頃を迎えている。音更町下士幌の農家波佐潤一さん(67)のナタネ畑では一面が黄色に染まり、道行く人を楽しませている。今年の開花は5月初めで、例年より早いという。今月末にかけて満開となる。

 ナタネは前年の8月下旬から9月に種をまく。波佐さんの畑では2016年、台風の相次ぐ接近で作付けできなかったが、昨年は合計9ヘクタールで種まきした。「今年は冬枯れの被害も少なく、生育は順調」と話す。

 ナタネは根を深く張る。8月の収穫後、これらが土の栄養分となり、排水も良くなることから輪作の一環で栽培する農家は少なくない。波佐さんは5年ほど前から作付けを始めた。「農薬を使っておらず、経費や手間がかからないのも利点」と話す。収穫した実は乾燥させ、ナタネ油の原料として出荷する。(伊藤正倫)

十勝毎日新聞

あわせて読みたい