ここから本文です

ソフトB内川、今季初抹消 工藤監督「10日で治してきてくれ」 19日から筑後でリハビリ

5/18(金) 11:01配信

西日本スポーツ

 9日の西武戦で通算2000安打を達成した内川聖一内野手(35)が17日、左足首の打撲などのため今季初めて出場選手登録を抹消された。15日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)で自打球を当てて途中交代し仙台市内の病院で検査、腫れが引かず16日の同カードで今季初欠場していた。内川に代わってジュリスベル・グラシアル内野手(32)が18日に1軍合流する。

【写真】ソフトB安打製造機・内川自宅の「秘密基地」

 今季も開幕から4番を務めてきた内川は、左足首を痛める前にも4月18日の楽天戦で右膝に死球を受けるなど満身創痍(そうい)の状態で戦い続けていた。工藤監督は「痛みを抱えながらやってきたけど僕が止めた。2000本という目標もあったと思う。一回リセットして、自打球もあるし(右膝と)両方重なってしまったので」と抹消を決断した理由を明かした。

 球場に姿を見せず、チームを離れて福岡に戻った内川は「結果も出ていなかったし申し訳ない。早くチームの力になれるように頑張ります」と話した。19日に筑後でリハビリを始める予定で、工藤監督は「(最短での再登録となる)10日で治してきてくれと本人に言いました」と明かした。

西日本スポーツ

最終更新:5/18(金) 11:50
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/22(火) 9:45