ここから本文です

生島ヒロシが芸能界復帰のきっかけ!寺田理恵子が語る、略奪婚バッシングの真相

5/18(金) 18:40配信

テレ朝POST

1984年にフジテレビに入社し「ひょうきんアナ」として人気を博すも、5年後人気絶頂で結婚、寿退社し長女・ゆりえさんを出産する寺田さん。のちに離婚しシングルマザーとなった後もフリーアナウンサーとして活動していた。

2000年にNEC元会長の長男で、大手広告代理店に勤めていた男性と再婚したが、交際当時、その男性には妻子がいたことから略奪婚とバッシングされることに。

◆寺田理恵子、略奪婚とバッシングされて

-再婚されたときには騒動になりましたが-
「お付き合いを始めたときには、彼に妻子がいると本当に知らなかったんです。プロポーズしてくるくらいだから、何も疑わず独身だと思っていました。取材の方が来て初めて知ったんです。私の家の前で、『付き合ってるんですよね?』って聞かれて、そろそろ公にしても良いかなという頃だったので、『はい、よくご存じですね』と答えると『彼には妻子がいるのをご存じですよね』と言われて…。もうそのときはびっくりして鳥肌が立って、全身が震えました」

-すぐに確かめました?-
「問いただしてというか、もう冗談じゃないって。でも、紹介してくれたのがマネジャーの知り合いだったので、事務所にすぐに電話して『どういうことですか?』ときいたら、事務所もみんな知らなかったんです」

-それでも別れなかったんですね-
「いえ、『妻子ある人とは付き合えない』ときっぱり言いました。でも『ずっと別居していて離婚の手続きをしているところだ』と言うので、『本当に別れるまで会いたくない』と言いました。でも、そのときの彼の発言も後にうそだということがわかり、ショックでした。元奥様とお子様には大変申し訳ない気持ちでいっぱいです」

-寺田さんのご両親はどうだったんですか-
「うちはもう家族全員激怒。一番怒ったのは私の兄弟ですね。『付き合うのをやめろ』って。両親も『ゆりえがかわいそうだ』と。

そういうゴタゴタした雰囲気を子どもは感じるもので『ママ、あんな人と結婚しないで!』
と泣き出すし、私もとても悩みました」

-よくご結婚されましたね-
「何度も何度も謝ってくるので、もう一度彼を信じてみようかなって…」

-それでご結婚されていかがでした?-
「しばらく私の兄弟は口をきいてくれませんでした(笑)。ゆりえも嫌がっていたので、見ててあげないといけないなって。そういうこともあって、私が専業主婦になって、この家を守っていかないといけないと思ったんです」

-ご主人も仕事をするのはやめてくれって言ったんですか?-
「そうなんです。マスコミに追いかけ回されたのが嫌だったんでしょうね。彼には私の携帯電話に登録していた人たちの電話番号もみんな消されてしまいましたから、しばらく私は誰とも連絡が取れなくなってしまったんです」

-それはひどい。3人での生活が始まってから、ご主人がゆりえさんにつらくあたるようになったと聞いていますが-
「下の娘も生まれたんですけど、その子にゆりえが触れるのを嫌がったり、ゆりえだけはずして3人で家族旅行に行こうと言い出したり…本当にかわいそうでした。

一度弁護士さんに相談しに行ったこともありますけど、言葉の暴力だけで、力での暴力を振るわれていないと告げると、『あなたが間に入ってご主人とゆりえさんを仲良くさせることはできないの?』と。

下の娘のこともあって、そう簡単に別れるというわけにもいかなかったので、家族の修復に私が頑張るしかないと思うようになったんです」

-まだ小学生だったゆりえさんがストレスで胃を壊したそうですね-
「ストレス性の胃腸炎で入院しました。すごくかわいそうでした。だから、とにかくゆりえを守ることだけを考えました。

ちょうどその頃に母の認知症状が出始めたのですが、そこで彼の優しい一面が見えるようになったのです。

彼は認知症になった母のことをすごくかばってくれて、面倒をみてくれて。月に2,3回は家に呼んで、食事をしたり、父が入院中は母がひとりになっちゃうので、家にずっと泊めてあげたり…。私が実家に手伝いに行くことも快く応援してくれました。

主人のそういう優しさが見えて来たことで、もしかしたら、ゆりえとの関係も修復できるかもしれないと思えるようになったのです」

-ゆりえさんとの関係に変化は?-
「夫と再婚したのが、ゆりえの反抗期時代。それから思春期の難しい時期を迎え、大学生くらいになるとゆりえも大人になり、ゆりえの方から義父に気をつかう様子が見られるようになりました。

あるとき、ゆりえが夫に『パパ、お帰りなさい。夜遅くまでお疲れさま』と言っているのを聞いたとき、飛び上るほどびっくりして、うれしかったです。夫も、ゆりえが声をかけてくれたことがうれしそうな様子した」

-おふたりの関係も少しずつ変わり、家族4人で旅行にも行かれたそうですね-
「初めて夫から、『家族は4人。家族旅行は4人で行かなくちゃだめだ。ゆりえも一緒だよ』と言われたのです。そのときは本当にうれしかったです。これで、本当の家族になれると」

1/4ページ

最終更新:5/18(金) 19:38
テレ朝POST

あわせて読みたい