ここから本文です

カツオ水揚げ日本一の気仙沼 一本釣りカツオ初水揚げ〈宮城〉

5/18(金) 12:16配信

仙台放送

仙台放送

生鮮カツオの水揚げで21年連続日本一となっている宮城県気仙沼に、18日、今年最初の一本釣り漁船が入港しました。

気仙沼港へ入ったのは宮崎県の漁船「23号海徳丸」です。
16日から千葉県沖などで操業しビンナガマグロ約35トンのほか、一本釣りのカツオ約70キロを水揚げしました。
量が少ないため、入札では1キログラムあたり140円から180円と安値で取り引きされましたが、気仙沼港では去年より1カ月ほど早い初水揚げとなりました。

漁師
「小ぶりのやつでも脂ののりは良かったです」
仲買人 
「こんなに早い時期にカツオが出たというのは私もこの仕事40年になりますけど、初めての経験です」

今年、気仙沼では巻き網漁によるカツオも、過去最も早い先月21日に水揚げが始まっています。

最終更新:5/18(金) 12:48
仙台放送