ここから本文です

勝てば史上最年少七段!藤井聡太六段が対局中/将棋・竜王戦5組ランキング戦

5/18(金) 10:07配信

AbemaTIMES

 将棋の最年少棋士・藤井聡太六段(15)が、史上最年少の七段昇段をかけて5月18日、対局中だ。

 この日の対局は竜王戦5組ランキング戦の準決勝で、相手は船江恒平六段(31)。藤井六段はこの対局に勝利すると、4組への昇級が決まり、2期連続の昇級となる。同時に七段の昇段規定「六段昇段後竜王ランキング戦連続昇級」をみたすことから、史上最年少での七段昇段が決定する。藤井六段は四段時代に6組で優勝、5組に昇級したが、連続昇級による昇段は、途中で段位が変わっても継続されることになっている。これまでの七段昇段の最年少記録は、加藤一二三九段(78)の17歳3カ月で、15歳9カ月で「藤井七段」が誕生すれば、大幅な記録更新となる。

 藤井六段は高校に進学した今年度、4戦して全勝と好調をキープ。一方、対戦相手の船江六段は、通称“藤井キラー”と呼ばれる井上慶太九段(54)門下で、菅井竜也王位(25)、稲葉陽八段(29)は、それぞれ対戦し藤井六段に勝利している。

 竜王戦ランキング戦の持ち時間は各5時間。終局は今夜になる見込み。

最終更新:5/18(金) 10:12
AbemaTIMES

あなたにおすすめの記事