ここから本文です

Little Glee Monster、25周年を迎えたJリーグに「大先輩です」 ライブでサッカー日本代表を応援

5/18(金) 11:22配信

J-WAVE NEWS

5月14日、「J.LEAGUE 25th Anniversary LIVE supporting radio J-WAVE」が、東京・EX THEATER ROPPONGIで開催されました。

【ライブ写真】歌い上げるLittle Glee Monster

Jリーグは、25年前の1993年5月15日に国立代々木競技場で行われた、ヴェルディ川崎vs横浜マリノスの試合で幕を開けました。「J.LEAGUE 25th Anniversary LIVE supporting radio J-WAVE」では、Jリーグからのスペシャルゲストとしてジーコ元日本代表監督をはじめ、横浜F・マリノスの中澤佑二選手、浦和レッズの槙野智章選手が出演。ライブ・パートにはKREVA、BRADIO、Little Glee Monsterを迎え、Jリーグにまつわる貴重なトークと音楽ライブで25周年を祝いました。今回は、Little Glee Monsterのライブの模様をお届けします。

5人はピンクの照明に包まれてステージに登場。「Little Glee Monsterです。最後まで盛り上がっていきましょう!」と告げると、場内からは大きな拍手が起こりました。早速、キラーチューン『好きだ。』で5人の美声を披露すると、観客は大きな手拍子で盛り上げます。

「Jリーグ25周年、おめでとうございます。(メンバーの)誰も生まれてなくて、大先輩です。今日は素敵なイベントに呼んでいただいて、本当にありがとうございます」と挨拶すると温かい拍手が起こり、2曲目の『Jupiter』へ。アカペラが披露されるやいなや、観客はウットリと聴き入り、続く3曲目では青い光に照らされながら『いつかこの涙が』を熱唱しました。

実は前日(13日)にアサヒが誕生日を迎え、19歳になったばかりでした。観客から「おめでとうコール」も飛び交う中、19歳の抱負を述べることに。「10代最後なので、まだ子どもでいたいって思ったんです。20歳は“大人”という感じなので、まだ子どもらしく19歳を過ごせたら……と思います」と語ると、他のメンバーから「抱負になってない」とつっこまれる場面も。観客の笑いを誘ったところで、映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』のエンディング曲でもある『ギュッと』を歌い上げ、そのまま『SAY!!!』へ。メンバーも観客もタオルをグルグルまわして盛り上げました。

最後は「歌で、サッカー日本代表を応援したいと思います!」と告げ、2018年『コカ・コーラ』イメージソングでもある『世界はあなたに笑いかけている』を熱唱。一際大きな手拍子が響き渡り、全6曲を歌い切りました。

最終更新:5/18(金) 11:22
J-WAVE NEWS

Yahoo!ニュースからのお知らせ