ここから本文です

スバル、「e-BOXER」採用の新型「フォレスター」を国内で先行予約開始

5/18(金) 12:18配信

くるまのニュース

今夏発売予定のスバル新型「フォレスター」国内仕様初公開

 スバルは、5代目となる新型「フォレスター」を2018年5月18日より、国内向けモデルの先行予約を開始すると発表しました。新型「フォレスター」は今夏発売を予定しているSUVです。また新型「フォレスター」は、2018年3月に行われたニューヨークショー2018で北米仕様が世界初披露されていましたが、日本仕様が公開されたのは今回が初めてとなります。

スバル 5代目 新型「フォレスター」の詳細を写真で見る(30枚)

 新型「フォレスター」の注目されるトピックスは、スバル初となる「ドライバーモニタリングシステム」の採用です。このシステムは、ドライバーの居眠りやわき見運転を検知する機能に加え、乗員認識技術でシートポジションやドアミラー角度、空調設定を登録したドライバーごとに自動調整してくれます。

 さらに今回の新型「フォレスター」では、スバル独自の2リッター直噴水平対向エンジン+電動技術の「e-BOXER」を新採用したことも大きな注目点です。

 「e-BOXER」はリチウムイオンバッテリー採用し、モーターが力強くパワーアシストすることで、ガソリン車を上回る力強い加速性能を発揮する設定といいます。またモーターアシストを活かして悪路走破性や追従走行時の燃費性能を高めているそうです。

 安全性能では、「歩行者保護エアバッグ」と「アイサイト・ツーリングアシスト」を全車に標準装備。乗る人全員が安心して愉しむことができるクルマを目指したといい、緊急時のみならずあらゆるシーンにおいて、スバルの総合安全の考え方のもと、クラストップの安全性能も実現したそうです。

 新型「フォレスター」の価格はまだ未発表です。

●新型「フォレスター」

・グレード:Touring / Premium / X-BREAK / Advance

・全長4625mm×全幅1815mm×全高1715mm(X-BREAK、ルーフレール装着車は+15mm)

・ホイールベース:2670mm

・エンジン:2.5リッターDOHC直噴 / 2リッター 直噴+モーター

・トランスミッション:リニアトロニック(CVT)

・駆動方式:AWD(常時全輪駆動)

・サスペンション形式[前/後]:ストラット式/ダブルウィッシュボーン式

くるまのニュース編集部