ここから本文です

ごみ収集所で火災、放火の可能性 倉敷・真備で4月末から3件目

5/18(金) 13:57配信

山陽新聞デジタル

 18日午前4時40分ごろ、倉敷市真備町箭田のごみ収集所から火が出ているのを、パトロール中の玉島署員が発見し、119番した。中のごみや壁の一部を焼いた。けが人はなかった。同じごみ収集所では4月末から2件火災が起きており、同署は放火の可能性もあるとみて関連を調べる。

 倉敷市消防局などによると30日深夜と5月7日未明に火災があった。地元の環境衛生改善組合が設置、管理し、鍵はないという。

 現場は井原線吉備真備駅から西約800メートルの住宅地。近くの介護職員女性(61)は「放火だったら怖い。家の周りに物を置かないようにする」と不安そうに話した。