ここから本文です

女子生徒自殺 知事「遅い」との指摘に教育長は反論/埼玉県

5/18(金) 18:46配信

テレ玉

2017年4月に県立高校の女子生徒が自殺した原因などについて、県いじめ問題調査審議会が小松教育長に提出した報告書についてです。報告書が自殺から1年以上が経過して提出されたことに対し、上田知事は「時間がかかりすぎている」と批判しましたが、小松教育長は18日の会見で「慎重に丁寧にやった結果」で妥当だったという認識を示しました。

小松教育長は「早ければ早いほうが良いに決まっている」としながらも、「遊んでいたわけではない」と妥当な期間だったという認識を示しました。また、月に1回程度だった審議会の開催について、知事が「1週間おきくらいにやるべき」と指摘したことについては「遺族に内容を確認して慎重にやるのに、1週間に1回できるかというと簡単にはできない」と答えました。

テレ玉

最終更新:5/18(金) 18:46
テレ玉