ここから本文です

名古屋の男性不明事件 逮捕監禁致傷で再逮捕の男ら、遺体を包丁で切断しドラム缶で燃やしたか

5/18(金) 14:00配信

中京テレビNEWS

 名古屋市中区の男性が連れ去られ遺体が損壊された事件で、17日、再逮捕された男が遺体を包丁で切断したとみられることが分かりました。

 18日送検された野間裕司容疑者(30)ら男4人は今年2月、岡田亮祐さん(当時28)の顔面を殴ってけがをさせ手首などを縛って監禁した疑いがもたれています。調べに対し、野間容疑者は黙秘しているということです。

 野間容疑者は、服部拓哉被告と共謀し、岡田さんの遺体を損壊したとして17日、起訴されました。捜査関係者への取材で、包丁で遺体を切断しドラム缶に入れて燃やしたとみられることが分かりました。

 警察は、死亡の経緯も知っているとみて詳しく調べています。

中京テレビNEWS