ここから本文です

新幹線を安く使う方法 東京~新大阪~博多~鹿児島中央【東海道・山陽・九州編】

5/18(金) 16:10配信

乗りものニュース

さまざまな割引サービスが待つ

 新幹線は特急列車だけが走る高速鉄道。乗車券のほかに特急券も買わなければ乗れません。都市と都市とを結ぶ長距離路線のため、実際に乗る距離も長くなりがちです。運賃や料金はどうしても高くなってしまいます。

【写真】山陽新幹線なら半額プランも

 東京~新大阪間で「のぞみ」普通車指定席を利用する場合、所定の運賃と料金の合計(大人、片道、通常期の場合。以下同じ)は1万4450円。往復なら2万8900円です。約500kmに及ぶ距離を数時間で移動できるとはいえ、数万円レベルの金額だと「もう少し安くならないかなぁ」と思っている人も多いのではないでしょうか。

 さまざまな制限や注意事項があるものの、所定の金額より安くなる割引サービスがないわけではありません。東京から西に伸びる東海道・山陽新幹線と九州新幹線では、どんなサービスを利用すれば安くなるのでしょうか。

 安く利用する方法として昔からあるのが回数券です。東京~新大阪間の新幹線回数券(普通車指定席用)は、6枚セットで8万2140円。1枚あたりなら1万3690円で、所定より760円安くなります。ただし、発売されている区間が限定されていて、ゴールデンウィークなど利用できない期間があるなどの制限が設けられています。

 手軽さを重視するなら「スマートEX」を利用するのもいいでしょう。これは手元にある交通系ICカードとクレジットカードを登録することで、紙のきっぷを買うことなく新幹線を利用できるチケットレスのネット予約サービス。運賃と料金は所定より200円安くなります。回数券ほどの割安感はないものの、利用できない区間や期間の制限はありません。

遅い「ひかり」「こだま」を使う手も

 さらに安くしようと思うなら、スマートEXと同じネット予約サービス「エクスプレス予約」があります。スマートEXとの違いは、決済にJR東海の「エクスプレス・カード」など特定のクレジットカードが必要で、年会費を支払わなければならないこと。乗車時には原則として専用のICカードを使う必要があります。

 ただ、エクスプレス予約で東京~新大阪間の「のぞみ」普通車指定席を使うと1万3370円。所定の普通車指定席より1080円も安くなり、回数券や所定の普通車自由席と比べても少し安くなります。年会費は「エクスプレス・カード」を使う場合で1080円ですから、東京~新大阪間を1年に1回利用すれば元が取れます。

 また、エクスプレス予約には早期予約割引の「EX早特」や「EX早得21」などもあります。乗車日の3日前までに予約することを条件に「こだま」のグリーン車が利用できる「EXこだまグリーン早特」の場合、東京~静岡間は6030円。グリーン車を所定価格で利用するより安いのはもちろんですが、普通車指定席の所定価格と比べても320円安くなります。

「のぞみ」より停車駅が多い「ひかり」や各駅停車の「こだま」も、選択肢のひとつとして考えてもいいでしょう。東京~新大阪間の場合、所要時間は「のぞみ」が2時間30分程度なのに対し、「ひかり」は3時間前後、「こだま」は約4時間。その代わり、「ひかり」「こだま」普通車指定席の所定価格は「のぞみ」より400円安くなります。

「ひかり」「こだま」限定の旅行商品も販売されています。東海道新幹線では、「こだま」の普通車指定席のみ利用できる旅行商品「ぷらっとこだま」をJR東海ツアーズなどの旅行会社が販売。東京~新大阪間の普通車指定席なら1万500円で、所定価格より4000円近く安くなります。

 山陽新幹線にも「ひかり・こだまでGO!GO!」(JTB)や「バリ得こだま・ひかり号」(日本旅行)という旅行商品があり、一部の「ひかり」「こだま」を安く利用できます。これらの旅行商品を利用した場合、新大阪~博多間は7500円前後。所定価格は1万5000円ですから、ほぼ半額です。

1/2ページ