ここから本文です

結局、メーガンさんの父親は出席しない。明日のロイヤル・ウェディングの概要を紹介する

5/18(金) 14:00配信

FNN PRIME

メーガンさんの父親は出席しない

「悲しいことに私の父は私達のウェディングに出席しない。」

”Sadly, my father will not be attending
our wedding.”

【画像】ロイヤルウェディングを迎える2人の写真はこちら

現地時間の17日にイギリスのケンジントン宮殿が発表したメーガンさんの声明である。

ケンジントン宮殿は日本でいえば東宮に当たる。イギリス王室の正式な発表と受け止めて良い。

言うまでもないことだが、メーガンさんはイギリスのヘンリー王子の婚約者、メーガン・マークルさんで、明日19日に予定されている娘の式に出席できなくなった父親はトーマス・マークルさんである。

キリスト教スタイルの結婚式では、いわゆるヴァージン・ロードを父親が花嫁を連れて歩み祭壇で花婿に娘を託すというのが、一般的な式典のスタートだったと思うが、それをつい最近まで、トーマスさんがやる予定だった。しかし、それがキャンセルになったのである。表向きはトーマスさんの健康問題が理由だ。

しかし、日本でも一部報道されているが、事の発端はトーマスさんが式への出席準備をする様子が写真に撮られ大衆紙に掲載されたことであった。すぐに、写真がカメラマンとトーマスさん側の出来レースで撮られたことや、出来レースがトーマスさんのもう一人の娘でメーガンさんの異母姉のアイディアだったことなどが明るみに出て、騒ぎになった。

そうしたごたごたの結果、心臓に問題を抱えると伝えられるトーマスさんが土壇場になって結婚式に参列しないことになったのである。 

もう知られていることだが、トーマスさんとメーガンさんの母親・ドリアさんはメーガンさんが6歳の時に離婚している。しかし、メーガンさん本人は自称パパっ子で、父親には是非ともヴァージン・ロードを一緒に歩いてほしいと願っていたという。
だが、それはかなわなかったという訳だ。

ちなみに、トーマスさんの最初の結婚で生まれたメーガンさんの異母姉は結婚式に招待されていないらしい。今時、珍しくも何ともないが、メーガンさんの家族関係はちょっと複雑である。

1/2ページ

最終更新:5/18(金) 14:00
FNN PRIME