ここから本文です

スバル、新型フォレスターの先行予約開始…e-BOXER搭載のHVモデル設定

5/18(金) 11:05配信

オートックワン

スバルは、新型フォレスターの発売に先立ち、2018年5月18日より先行予約を開始する。なお、発売は今夏を予定している。

>>スバル 新型フォレスターの内外装デザインを画像で見る(62枚)

5代目となる新型フォレスターは、スバルが最量販車種と位置づけるグローバル戦略車。乗る人すべてが愉しく、快適な空間を共有できるよう、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージングや、 使い勝手の良い装備を採用し、スバルのデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”のもと、SUVらしいたくましさや、機能的で使いやすさが感じられるデザインを表現した。

また、SUBARU GLOBAL PLATFORM(SGP)を採用することで、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現した。

さらに、スバル初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」や水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER」など新たな価値を加えることで、フォレスターの機能・性能を磨き上げた。

グレードは、2.5リッターガソリンエンジンを搭載するツーリング/プレミアム/X-BREAKと2リッターエンジンに電動技術の「e-BOXER」を組み合わせたマイルドハイブリッドモデルのアドバンスの計4モデルをラインナップした。

エクステリア

SUVらしいたくましさや躍動感、豊かな荷室空間や機能性の高さを、モダンキュービックフォルムで表現した。

・LEDハイ&ロービームランプ
全車LEDヘッドランプを標準装備。水平対向エンジンのピストンの動きを表現したCシェイプのポジション ランプにより、力強さを感じさせる精悍なデザインを採用した。

・LEDフロントフォグランプ
全車にフロントフォグランプを採用し、一部グレードには、3灯式LEDを採用してスポーティさを表現。左右側方の配光エリアを従来のバルブ式に対して拡大し、夜間の視認性を向上。またバルブ式に対して約53%の省電力化を実現した。

・フロントバンパーガード/リアバンパーガード
アドバンスとX-BREAKの前後バンパー下部にアンダーガードを採用し、SUVらしいタフさやプロテクションパーツにより守られている安心感を表現した。また、アドバンスはシルバー加飾、X-BREAKはオレンジのアクセントラインを加えて、アンダーガードの存在感を際立たせた。

・サイドクラッディング
ホイールアーチは新たにクラッディングを採用。ホイールまわりを強調したデザインとすることで、走りの力強 さと悪路走破性の高さを表現した。アドバンスはシルバー、X-BREAKはオレンジのアクセントを加え、機能 性の高さをさらに強調した。

・アルミホイール
悪路でもしっかりとボディを支える安心感と、確実に大地をとらえる力強さの両面を表現したホイールデザインとし、アドバンスとプレミアムは18インチを採用した。

・ボディカラー
若々しいアクティブなイメージと深みを感じさせる新色「ホライゾンブルー・パール」、「ジャスパーグリーン・メ タリック」や「クリムゾンレッド・パール」を含む全9色を展開。冒険心をかき立てられるようなたくましさや、長く乗っていたくなるような信頼感を抱かせるボディカラーをラインアップした。

1/4ページ

最終更新:5/18(金) 11:49
オートックワン