ここから本文です

【インタビュー】宮野真守、「GODZILLA」共演声優は気心の知れた“戦友”

5/18(金) 12:48配信

アニメ!アニメ!

全三部作で描かれるアニメーション映画『GODZILLA』(通称アニゴジ)。第二章となる『GODZILLA 決戦機動増殖都市』が、本日5月18日(金)より全国にて公開される。
この度、ハルオ・サカキ役の宮野真守のインタビューが到着。第二章の見どころや<ゴジラ>への思いを明かした。

ゴジラ映画史上“初”のアニメ―ションで描かれる本シリーズ。物語は、二万年もの間、地球に君臨し続けてきた<ゴジラ>と絶滅の縁に追い詰められながらもそれに抗う「人類」の姿が綴られる。

監督は、劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』で邦画年間興行収入ランキング1位を獲得した静野孔文、そして3DCGの第一線で培われた手腕を『亜人』などで披露した瀬下寛之が務める。ストーリー原案は、『魔法少女まどか☆マギカ』や『PSYCHO-PASS サイコパス』などで知られる虚淵玄が担当。そのほか制作陣には日本を代表するクリエイターが揃っている。

■宮野真守、アニゴジの広がりに「すごくうれしくて」

2017年11月に第一章『GODZILLA 怪獣惑星』が公開、その映像体験が大きなインパクトを放ったのは記憶に新しい。反響を受けて「『ゴジラ』の面白さがどんどん広がったんだなと感じられる声が届いて、それがすごくうれしくて」と、宮野さんは喜んでいた。

宮野さんといえば、『デスノート』『機動戦士ガンダム00』『うたの☆プリンスさまっ♪』ほか多彩なジャンルの作品に出演し、アーティスト活動でも人気を博す。幅広いファン層を持つ宮野さんの出演で、これまで『ゴジラ』シリーズに触れたことがなかった若年層や女性たちが本作を観に劇場に足を運んだという声があったそうだ。

「今回、僕が参加することによって、『ゴジラ』シリーズを少しでも広めることができたのかなと思い、うれしかったですね。『ゴジラ』ファンの方々も、『GODZILLA 怪獣惑星』は、また新たな『ゴジラ』として楽しんでいただけたようです」。

1/3ページ