ここから本文です

マンチェスター・Uがドイツ代表GK獲得に向けて131億円を準備…デ・ヘア退団を想定か

5/18(金) 17:31配信

GOAL

マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアには以前からリーガ・エスパニョーラ復帰の話が浮上している。その移籍が決まった場合の後釜として、ドイツ代表GKが最有力候補となっているようだ。

あの日本代表の奥さんも!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【26枚】

スペインメディア『ドン・バロン』は「マンチェスター・ユナイテッドはデ・ヘア退団時の穴埋め役として、バルセロナのGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに関心を示している」と報じた。

記事では「スペイン代表GKがマンチェスターを去る場合、新たにドイツ代表GKを引き抜くために、ユナイテッドはすぐさま動くだろう」と伝えており、その契約解除金として1億ユーロ(約131億円)を支払う準備があるとされる。

ロシア・ワールドカップではデ・ヘアがスペイン代表として、テア・シュテーゲンがドイツ代表として正GKを務める可能性が高いとみられている。ともに“世界最高のGKの一人”と評されているが、今夏の移籍市場では大物GKによる玉突き移籍が起こる可能性もありそうだ。

最終更新:5/18(金) 17:31
GOAL