ここから本文です

応募者殺到の人気ツアー!瀬戸大橋の主塔175メートルの高さから眺める絶景は?

5/18(金) 18:10配信

KSB瀬戸内海放送

 今年で開通30年を迎えた瀬戸大橋の主塔にのぼるツアーが香川県坂出市で開かれました。普段、入ることができない場所を訪れたり、瀬戸内海の絶景をパノラマで楽しめたりするこのツアー。毎年、応募者が殺到する大人気ツアーです。

 坂出市の与島パーキングエリアに、参加者が集まりました。
 今回のぼるのは、北備讃瀬戸大橋の主塔です。まずは、アンカレイジの中へ。エレベーターで上がります。

 そして、線路階へ。JR瀬戸大橋線が真横を走ります。ここで海面からの高さが約50メートル。さらに網目になっている管理用通路を通って、主塔まで歩きます。階段を上がり、道路階へ。

 高さは約75メートル。今度は車が真横を走り抜けます。ここからさらに主塔の中をエレベーターで上がります。そして、いよいよ頂上へ。

 主塔の頂上の高さは175メートル。肝心の景色はと言うと、18日はあいにくの曇り空。
 参加者は、記念写真を撮るなど、瀬戸内海の雄大な景色や多島美を楽しんでいました。

 瀬戸大橋スカイツアーは、JB本四高速が毎年春と秋に実施しています。瀬戸大橋開通30周年を記念して、今年の春は例年より2日多い6日間実施します。

 1日あたりの参加定員は150人で、今回の当選倍率は27倍まで跳ね上がりました。

(記者)
「頂上にはこのように小窓があり、顔を出して下を覗き込むことができます。涼しいですね。下から風が吹き上げています。体が外に出ないと分かっていても怖いですね」

(参加者はー)
「天空を味わってくださいと言われたんですけど、まさにその通り、想像を絶しますね。(こ
れまでに)かなり応募したんですよ、ことごとく抽選に漏れまして」
「本当の作業される方の道とか通ってくるじゃないですか。それがすごい楽しいなと思って」
「初めての体験ですから、ドキドキしましたね。天気はちょっと悪いにしても、登れただけでもいい。やっぱりいい体験をさせてもらったと思います」

(JB本四高速/河本尚士 課長)
「今、当たり前になっている瀬戸大橋なんですけれども、橋の構造とか見ていただくとともに、瀬戸内海の景色も見ていただいて、改めて瀬戸大橋を身近に感じていただくことを思って、ツアーを実施している」

 この瀬戸大橋スカイツアーは、今年10月ごろにも開かれる予定です。

KSB瀬戸内海放送

最終更新:5/18(金) 18:45
KSB瀬戸内海放送