ここから本文です

MF強化へ ナポリ、バルサMFゴメスの獲得を狙う

5/18(金) 12:06配信

SPORT.es

ナポリの指導者マウリツィオ・サッリがナポリのオーナーの一人、ディノ・デ・ラウレンティスにアンドレ・ゴメスの獲得を要請しているとイタリアの『Corriere dello Sport』が報道している。アンドレ・ゴメスはオランダ代表デイヴィ・クラーセンと同様、ナポリの補強有力候補である。

イニエスタ、ネイマールのレアル移籍説に一言

ナポリの目的の一つはミッドフィルダーの強化で、監督はアンドレ・ゴメスとデイヴィ・クラーセンを理想的な補強だと考えている。

ナポリは以前からゴメスとクラーセンに関心を示していた。アンドレ・ゴメスは2015年にもナポリへの移籍が噂されていた。バルサでの2季目の現在は計31試合(1,185分)に出場しているが、実力を発揮できず危機的状況にいる。

またアヤックスからエヴァートンに2,700万ユーロ(約35億円)で移籍したクラーセンも、計17試合(90分間)と、確固たる地位を確立できずにいる。
バルサがアンドレ・ゴメス獲得に支払った移籍金は3,700万ユーロ(約48億円)であり、移籍違約金は1億ユーロ(約130億円)である。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:5/18(金) 12:06
SPORT.es