ここから本文です

現在、Yahoo! JAPAN IDでログインしにくい状態が発生しております。
ご迷惑をおかけしますが、復旧までしばらくお待ちください。

猪瀬直樹&蜷川有紀のラブラブっぷりに奥田瑛二が毒舌「影でやってほしいな」

5/18(金) 13:04配信

AbemaTIMES

 元東京都知事の猪瀬直樹(71)と演出家・蜷川幸雄の姪の蜷川有紀(57)が16日、婚約披露パーティーを開催。2人と親交のある約580人が祝福に駆けつけた。

 パーティーは猪瀬の30年来の友人・テリー伊藤(68)が司会を務め、「猪瀬さんが都知事になって、そして徳洲会の方から5000万円もらっていたかもわかんない。カバンの中に5000万円入れるようなことになって、汗だくになったあのシーンみなさん知っていますよね。あの時私ね、猪瀬は終わったと思ったんですよ。…終わっていませんでした。あれからぐっと右に上がっちゃった」と辛口トークで開会した。

 共通の医師の紹介で出会った2人は、2016年の2月に交際がスタート。現在71歳の猪瀬は、婚約に踏み切った決め手として「蜷川有紀さんは(亡くなった)奥さんと誕生日と血液型が一緒。(性格・相性が)パッとお互いに分かる関係なのです。運命的にも。松任谷由実の『春よ、来い』を歌いながら(彼女が朝)窓を開ける。『恋する日常』だなと思って目が覚める」と明かした。

 2人合わせて128歳になる熟年カップルながら、互いを「直樹先生」「おゆき坊」と呼ぶラブラブぶりで、ケンカをしてもあっという間に仲直りをするといい「時々(ケンカして)ぷっと顔を膨らませる時がある。そうすると、こうやると終わり」と猪瀬は蜷川の膨れた頬を手でつぶし「これで終わり。相性が良いことわかるでしょ?」と説明。記者が「すごくわかります。猪瀬さんがこんなに優しい笑顔で」とコメントすると「元から優しいんだよ」と返した。

 熟年カップルのおのろけトークに、パーティーに参加した俳優の奥田瑛二(68)は正直な気持ちを明かし「(2人のラブラブぶりを)そんなものみたくもねぇよ。影でやってほしいな!俺は2人がラブラブしている間、絵を見ていました。ギャラリーの方で飲みながら。僕は僕の楽しみ方だから、結構楽しかったです」と毒舌。

 司会を務めたテリー伊藤も、帰り際にこの日のパーティーを振り返り「話していると2人とも手を握っているから。すごいですよ!相当バイアグラとか飲んでいるんじゃないですか?(笑)」とコメント。記者からの「猪瀬さんは現役ですか?」との問いには「現役どころか新人ですよ!もうね、清宮だね!」と返し笑いを誘った。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:5/18(金) 13:04
AbemaTIMES