ここから本文です

西城秀樹さんの訃報に悲しみの声 40年来の友人・小川知子「2日前に夢を見た」

5/18(金) 18:10配信

AbemaTIMES

 「傷だらけのローラ」や「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹さんが16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなった。63歳だった。

 中学生の頃からバンド活動を始め、16歳の時に「恋する季節」で歌手デビュー。ワイルドでセクシーという新たな男性アイドル像を作り出し、人気を博していた。2003年、2011年と2度の脳梗塞に倒れながらもリハビリを続け、年間70回ほどステージに立ち続けていた。

 以前出演した番組で、「命があるだけで僕は幸せなんだということに気付いて。ありのままの姿を皆さんに見てもらって、『頑張っています』という部分を見せないといけないんじゃないか。それが自分に与えられた使命だと思った」と語っていた西城さん。

 2012年に行われた自身の著書『ありのままに3度目の人生を生きる』の発売記念イベントでは、人生観について「死というのは誰にでもあるわけで。その死に関して自分が死ぬときに悔いのない死に方をしたいな、というところから始まるんです、自分の考えが。そういう事で毎日を築いていかないといけない、ということが結果論にはなりますね」と持論を展開していた。

 昭和のアイドル全盛期の先駆けとなって走り続けてきた西城さん。奇しくも先月14日に行われた「同窓会コンサート」が最後のステージとなった。共演した伊藤咲子(60)は「本当にお元気で、私たちいつも心打たれたのは緞帳が上がる寸前まで、リハビリで『グーパーグーパー』を繰り返していた事。本当に緞帳が上がる寸前までやっていらっしゃるんですよ」と話した。

 そして、公の場での最後の姿になったのは先月19日に、日本歌手協会主催のコンサートを鑑賞した時だった。「今年の秋はぜひ歌謡祭みんなで『YOUNG MAN』歌いたいんでよろしくお願いします」との期待の声に西城さんは「はい」と答えていた。客席で笑顔を見せていたがそれから6日後の先月25日、自宅で家族団らん中に体調が一変し、救急搬送され入院。16日に家族が見守る中、帰らぬ人となった。

1/2ページ

最終更新:5/18(金) 18:10
AbemaTIMES