ここから本文です

親子ザルぎゅっ♡ 写真集出版で作品展

5/18(金) 8:02配信

岐阜新聞Web

 日本写真協会会員の加藤明美さん(67)=岐阜市大黒町=が長野県の地獄谷野猿公苑に6年間通って撮影したニホンザルの写真展が17日、同市日ノ出町のロイヤルホールで始まった。加藤さんは「見た目のかわいらしさだけでなく、一生懸命生きる姿が伝われば」と話す。22日まで。
 写真の技術は約10年前から講座で学んでおり、野猿公苑での撮影は、あるギャラリーでのサルの写真との出合いがきっかけ。これまでに3万枚以上を撮りため、うち約120点を写真集「Japanese monkey(ジャパニーズモンキー)」にまとめ、岐阜新聞社から4月に出版した。
 写真展は出版を記念して企画。母ザルと子ザルが抱きしめ合ったり、目を閉じて温泉に漬かったりとほほ笑ましい場面や、観光客から至近距離でスマートフォンを向けられても堂々としている様子などを収めた36点が並ぶ。  

岐阜新聞社

最終更新:5/18(金) 8:02
岐阜新聞Web