ここから本文です

好機で決め勝ち点を FC岐阜あすアウェー大宮戦

5/18(金) 7:48配信

岐阜新聞Web

 J2のFC岐阜は第15節の19日、アウェーのNACK5スタジアム大宮(さいたま市)で14位大宮と対戦する。前節大分戦は逆転負けを喫したが、粘り強い戦いを見せている。好機はあるだけに、しっかり決めきってアウェーで勝ち点を奪い、連敗を避けたい。
 大木監督は前節大分戦について「疑惑のゴールはあったが、それ以前にチャンスはいくらでもあった。1点を取ったらもっと点を取らないと自分たちの試合展開に持ち込めない」と指摘。今週の練習では、マークとカバーのポジションを何度も確認し、「逆転負けは守備陣が悪いというよりも、各選手の位置が良くなかった。うちは足を止めず90分間プレーし続けなければ勝つことはできない」と選手に求める。
 昨季までJ1の大宮は、現在14位と低迷するが、FWの大前とシモビッチはJ2屈指の得点力を誇る。MF宮本は「クロスからの得点が多い。フォワード2人に対して人数をかけて守ることはもちろんだが、パスの出し手にもプレッシャーをかけ続ける必要がある」と力を込める。
 3試合連続で先制点を取れている現状にも、宮本は「良い守備から良い攻撃の流れは生まれているが、自分も含めてもっと点を取れるチャンスはあった」と反省を口にする。上位進出に向けて「イージーなミスを無くして攻撃のバリエーションを増やしていきたい」と前を見据える。

岐阜新聞社

最終更新:5/18(金) 7:48
岐阜新聞Web

あわせて読みたい