ここから本文です

小2殺害「車の中」と供述、遺棄まで複数場所に

5/18(金) 7:07配信

読売新聞

 新潟市立小針小2年大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害され、遺体が自宅近くの線路に遺棄された事件で、死体遺棄・損壊容疑で逮捕された同市西区、会社員小林遼(はるか)容疑者(23)が、「車の中で殺害した」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かった。

 小林容疑者の黒い軽ワゴン車内に、珠生さんが乗っていた痕跡があった。県警は、小林容疑者の供述を裏付けるため、慎重に調べを進めている。

 捜査関係者によると、珠生さんは7日午後3時過ぎに学校を出た後、自宅に着くまでの下校途中で連れ去られた。その後、短時間のうちに窒息死させられたとみられ、同日午後10時19~30分頃、JR越後線の線路に遺体が遺棄され、電車にひかれた。小林容疑者は珠生さんを連れ去ってから遺体を遺棄するまで市内の複数の場所に車で立ち寄ったと供述。県警は珠生さんを車に乗せたまま、遺棄する場所を探していた可能性もあるとみて、付近にある防犯カメラの映像を集めるなどして、立ち寄った場所の特定を進めている。

最終更新:5/19(土) 23:54
読売新聞