ここから本文です

BS新規参入、年内公募…周波数帯有効利用促す

5/18(金) 7:14配信

読売新聞

 総務省は年内にも、BSテレビ放送への新規参入事業者を公募する方針を固めた。

 放送事業者の一部が使っている電波の周波数帯を減らすのに合わせ、利用したい事業者を募る。新規参入が決まれば、2010年に娯楽大手ディズニー系の事業者などが新規参入して以来、約8年ぶりとなる。

 BS放送には現在、NHKや民放キー局系など約20事業者が参入し、番組を放送している。このうち、海外ドラマや釣り番組などを放送する3社が使っている周波数帯を縮小する方針を明らかにしており、少なくとも1チャンネル分確保できる見通しになったという。

 総務省は周波数帯を縮小する考えの事業者が他にもないか調べ、今夏にも公募枠を確定させ、年内にも公募したい考えだ。複数の申請があった場合は各社の利用計画を審査して決める。

最終更新:5/18(金) 8:31
読売新聞