ここから本文です

北海道有数のソバ産地、種まき始まる

5/18(金) 7:52配信

読売新聞

 北海道内有数のソバ産地の新得町で、種まきが始まった。

 トラクターは耕したばかりの畑を何度も往復しながら種をまいた。

 新得町は昼夜の寒暖差を生かし、計約300ヘクタールでソバが作付けされている。このうち、乾麺の製造・販売を行っている「新得物産サホロ農園」の畑では、昨年並みの約88ヘクタールで作付けを予定している。

 国道38号沿いの同社の畑では、7月中旬頃に真っ白な花を咲かせ、8月中旬以降に収穫される。昨年は好天で例年比3割増の収量があったという。同社の担当者は「今年も雨と太陽に期待したい」と話していた。

最終更新:5/18(金) 9:23
読売新聞