ここから本文です

自民、授業料「出世払い」提言…無償化案に反対

5/18(金) 10:14配信

読売新聞

 自民党の教育再生実行本部(馳浩本部長)は17日、党本部で会合を開き、大学など高等教育授業料について、政府が進める低所得世帯に限定した高等教育無償化ではなく、幅広い所得世帯を対象とした出世払い制度の導入を求める提言をまとめた。

 政府は受け入れは困難との立場だ。「安倍1強」といわれてきた中で、党内から政府への反発が出ることは異例といえそうだ。

 馳本部長は会合で「私たちにとって無償化は降って湧いたような負担軽減策だ。教育の議論をして筋の通った政治論を出すべきではないか」などと訴えた。

 自民党は昨年10月の衆院選公約に低所得世帯の高等教育無償化を掲げた。政府は公約を受けて、住民税非課税世帯とそれに準じる世帯(年収380万円未満相当を検討)については、授業料と入学金の減免措置を行い、給付型奨学金も拡充することを昨年12月に閣議決定した。

最終更新:5/19(土) 12:39
読売新聞