ここから本文です

CIA初の女性トップへ、秘密工作30年超担当

5/18(金) 11:02配信

読売新聞

 【ワシントン=黒見周平】米議会上院は17日の本会議で、ジーナ・ハスペル米中央情報局(CIA)長官代行(61)をCIA長官に起用する人事案を賛成54、反対45で承認した。

 ハスペル氏は宣誓を経て、女性としては初のCIAトップに就任する。

 ハスペル氏はCIAの秘密工作を30年以上担当した「諜報(ちょうほう)のプロ」として知られる。2001年の米同時テロの後、CIAの収容所での水責めによる取り調べや、取り調べを記録したビデオテープの破棄に関わった問題が批判を集め、承認が危ぶまれていた。

 ハスペル氏は上院公聴会でCIAが今後、拷問を行う可能性を否定。野党・民主党は多くがハスペル氏の起用に反対したが、6人が賛成に回った。

最終更新:5/19(土) 22:42
読売新聞