ここから本文です

前回対戦は千葉ジェッツに軍配、琉球ゴールデンキングスはアームストロングの活躍に期待

5/18(金) 12:35配信

バスケットボールキング

「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017-18」セミファイナルは、昨季逃した天皇杯との2冠を目指す千葉ジェッツとbjリーグ最多4度の優勝を誇る琉球ゴールデンキングスの顔合わせ。創設当初からプロとして活動し、着実に成長してきた両チームが頂上決戦への挑戦権を賭けて対峙することになる。

 クォーターファイナルで川崎ブレイブサンダースと激突した千葉は、1戦目は前半で得た大量24点リードを守って勝利。4人が3本の3ポイントを炸裂させ、相手に大きなダメージを与えた。2戦目はその3ポイントが低調で計61得点に終わり、勝負は3戦目にもつれたが、2戦目で無得点だった富樫勇樹が10分間で7得点を挙げ、チームに勢いをもたらした。

 琉球は逆に名古屋ダイヤモンドドルフィンズとの1戦目であと2点届かずに敗戦。劣勢から残り7秒で2点差に迫り、さらに相手のスローインミスを誘ってマイボールにしながらも追いつけなかった。2戦目も追う展開になったが、クロスゲームに持ちこんで逆転勝利。3戦目も前半で2得点と苦しみながら、古川孝敏の勝負強さを活かして後半は圧倒した。

 両者はレギュラーシーズン最終節に対戦したばかりで、その時は千葉が連勝。琉球としては、その2戦目で古巣を相手に20得点11リバウンドとハッスルしたヒルトン・アームストロングに再び期待したいところだ。

文=吉川哲彦

BASKETBALL KING

Yahoo!ニュースからのお知らせ