ここから本文です

横浜ビー・コルセアーズは直接対決4勝2敗と優位、富山グラウジーズは宇都直輝がキーマンに

5/18(金) 13:38配信

バスケットボールキング

 来季のB1クラブライセンスを所持していないFイーグルス名古屋が「B2 PLAYOFFS 2017-18」でファイナルに進めなかったため、「B1 残留プレーオフ 2017-18」1回戦の勝者同士が2回戦に進むこととなった。昨季と同じ、富山グラウジーズと横浜ビー・コルセアーズの顔合わせだ。昨季は富山が勝ってB1残留を決め、今季レギュラーシーズンの成績も6勝上回るが、直接対決では2勝4敗と負け越しているのが興味深いところだ。

 両者とも、1回戦はレギュラーシーズンの成績で相手を上回りながら、1戦目を落として窮地に立たされる薄氷の勝ちあがりだった。富山は宇都直輝を離して守る島根スサノオマジックの術中にハマり、20点差で黒星。2戦目はその宇都を含めてチーム全体でリングに迫り、20点差で雪辱を果たした。3戦目も粘られたが、やはり宇都が奮起して島根に引導を渡した。

 横浜は西宮ストークスとの1戦目で点の取り合いの末に競り負けたが、2戦目は前後半とも50得点以上を叩きだして相手を一蹴。3戦目は西宮のゾーンディフェンスを崩しきれずに苦しんだが、ターンオーバーを1つにとどめたことが奏功した。

 カギになるのはやはり宇都。横浜がどう守るか、宇都が本来のプレースタイルを貫けるかどうかだ。

文=吉川哲彦

BASKETBALL KING